【抜こうか迷っている人へ】大学4年生、親知らずを抜いてきました、、、、

雑学

皆さんこんにちは!

先日、親知らずを抜いたのでそのことをブログに記したいと思います!

ブログを書いている時点では、親知らずを抜いて4日目です。痛みはだいぶ引いてきましたが、抜いてから3日目までは痛んでいました(´;ω;)ウッ…

親知らずを抜こうか迷っている方の、少しでも参考になれば幸いです!

親知らずを抜こうと思ったきっかけ

2019年2月頃から、食事をしていると内側の頬を噛んでしまうという状態になってしまいました。それがとても痛い、、、

それ以前にも、何度かこうした事態は起こっていて、無視してはいたのですが、そろそろ何とかしないとだな、、、と思うようになります。

 

ykk
かみ合わせの問題か??それとも病気?

 

心配性の人間でもあるので、早期発見が大事だと考え、一度歯医者に見てもらうことにしました。

親知らずを抜きたいと思ったときは、まず地元の歯医者に行ってみることに。

 

かみ合わせが悪いのか、歯に異常があるのかと思ったので、ドイツから帰国した2019年3月、地元の歯医者に行きました。そして、レントゲンを撮ってもらいました。すると、

 

親知らずが変なふうに生えているね

 

と指摘されます。そして、中央病院の口腔外科に推薦状を書いてもらいました。どうやら地元の歯医者さんでは、抜歯ができないらしいです。

 

ちなみにですが、歯医者さんの推薦がない状態で中央病院の口腔外科に行くと、場所によっては追加で料金を取られるのだとか、、、!

 

自分は上尾中央総合病院という場所に行ったのですが、推薦状がない人は5,400円追加でかかるそうです。

そのため、親知らずを抜くことを考えている人は、

 

地元の歯医者→中央病院の口腔外科

 

という流れで行くことで、結果的に安く医療費を済ませることができます。

正直迷いました!(笑)

親知らずを抜くとなると、痛みが伴うことは当然です。

 

歯をぐりぐりやって抜く、骨を削って抜く、麻酔を打つ、、、、

 

小学生から歯医者にお世話になったことはなかったこともあり、正直非常に不安でした。加えて、3月下旬からかみ合わせ問題がいつの間にか解消されており、

 

「別に抜かなくても大丈夫じゃね、、、?」

 

と考えるようになります。しかも、就職活動もあったので、「それが終わってから、、、」と思い気づいたら6月も後半に差し掛かっていました。

 

ykk
抜く決意はできていたが、やっぱり怖い、、、

 

インターネットでも親知らず周りのことはたくさん調べました。

ネットでは「抜いたほうが良い!」という意見が多数でしたが、親からは「無理して抜かなくても、、、」と言われたこともあり、余計に悩みましたね(笑)

抜くことを決意!

散々悩んだ挙句、以下の理由で抜くことにしました。

 

①時間に余裕があるのは今しかないこと

②いずれ抜くことになるのだったら、早く抜いておくに越したことはないこと

 

です。

 

①については、社会人になると今より忙しくなることは確実だからです。

②については、親知らずを放置しておくことで虫歯や歯周病の原因になったり、周囲の歯に悪影響を及ぼす恐れがあるので、そうした不安は抜かない限り一生付きまといます。

 

親知らずは、変なふうに生えることは多いので、うまくブラッシングすることが難しいんですよね、、、

いざ!中央病院へ!

病院は非常に混雑していました。

 

総合受付→口腔外科の受付→レントゲン

 

という流れで病院内を移動。レントゲン撮影後、口腔外科の受付に戻り、いよいよ診察の時間がやってきました。

 

ykk
いや~しんどいな~

 

部屋に入ると、歯医者さん2人が待っていました。一人はメインで抜歯をしてくれる人、一人はサポートの人でした。レントゲンの写真を見せながら、

 

「今日は抜歯してもいいよね?」

 

と確認してきます。

 

そして、今日は左の親知らず2本を抜くとのこと。いよいよか、、、と思うと不安しかない。

 

親知らずをどのようにして抜いていくのか、説明してくれます。ハサミを使う、縫う、そして神経が近くに通っている、、、など聞くとますます不安になってきます(´;ω;)ウッ…

そして、いよいよ手術が始まります。

口を開けて、麻酔を3回針で注入します。

チクッとします。これは耐えられないほどではありませんが、だんだん元気がなくなってきました(笑)

そして、一定時間置いたのち、

 

「じゃあ、下から抜いていくよ~」

 

と言われ、抜歯が始まりました。麻酔の効果で痛みはほとんどありませんでしたが、歯茎がえぐられているのがわかります。頭が真っ白です(笑)

 

下が抜けたのか、次は上の親知らずが抜かれ始めます。

時間は30分以内かな?2本の親知らずを抜き終え、終了しました。

親知らずを抜いた後、、、

薬を買いに病院の外の薬局へ。ガーゼを口の中に入れているのですが、すさまじい唾液が出てきます。血の味がする、、、

薬局では、週刊文春を見ていました。

薬をもらってから、再び口腔外科の受付へ。

名前が呼ばれて部屋に入ると、素敵なお姉さんが薬を摂取するタイミングと抜けた歯を見せてくれました。

こうして、一連の流れは終了。所要時間は2時間30分程度でした。ちなみに医療費は8,000円弱でした。

来週、抜糸することになっています。そして、また1か月後には、再び病院に来て右の親知らずを抜かなくてはなりません。

それだけでもテンションは下がります(笑)

抜いた後の体調は?

体調自体は悪くなりませんでした!ふつうに大学に行きましたし、バイトもできました!しかし、麻酔が切れ始めたら痛かった、、、

唾液を飲み込むと痛いし、しゃべりすぎても痛い。口が開かない。

薬を飲むことで痛みは引きましたが、抜いて3日目までは痛かったです。この3日間はしんどかった、、、

ちなみに自分は、頬は腫れませんでした(笑)。

こうして、親知らずを無事、片方だけではありますが抜くことができました。来月もこの恐怖に打ち勝ちたいです(´;ω;`)ウッ…

まとめ

自分は、

恐怖については30分、痛みについては3日間

我慢すれば大丈夫でした。少しでも、親知らずを抜こうか悩んでいる人の参考になれば幸いです!

ではでは!さようなら~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました