【悲報】湘南新宿ラインの混雑が激しくなった

雑学

皆さんこんにちは!

JRと相鉄線が、2019年11月30日より直通運転を開始しましたね!

ダイヤ改正の詳細はこちらから!

その結果、今まで神奈川県内で線路が完結していた相鉄線が東京に進出。

羽沢横浜国大駅から東海道貨物線を経由、武蔵小杉で湘南新宿ラインに合流し、新宿へ、一部列車は埼玉県の大宮、川越まで乗り入れを果たします。

乗り換えなしで移動ができる都市が増え、便利になりそうですが、、、

埼玉県民の自分にとって、2019年11月30日のダイヤ改正ではほとんどいいことはありませんでした。というのも、いつも利用していた湘南新宿ラインの混雑が激しくなったからです。

一体何が起こったのでしょうか?今回は、そのことについてつらつらと書いていきたいと思います!

帰宅ラッシュでも空いている湘南新宿ラインは存在していた!

過去に自分はこんな記事を書いてきました。

帰りぐらい座って帰りたい!湘南新宿ラインの混雑率!
皆さんこんにちは!本日は、自分がほぼ毎日利用している、【湘南新宿ライン】の混雑率について紹介したいと思います。湘南新宿ラインとは湘南新宿ライン(しょうなんしんじゅくライン)は、東京都新宿区の新宿駅を経由し、東北本線(宇都宮線)と横須...
【北行きに乗る人必見!】 混雑を回避できる 湘南新宿ライン
湘南新宿ラインを(ほぼ)毎日使っているykkです!今回は、そんな私が、いつも選んで利用している空いている湘南新宿ラインを紹介したいと思います!ずばり、19:07渋谷駅発籠原行きの湘南新宿ラインです!不思議なことに、19:02渋谷駅...

この2つの記事では、帰り道に湘南新宿ラインを利用して埼玉方向に帰宅をする際、19:02に渋谷駅を出る湘南新宿ラインではなく、1本待って19:07渋谷発の湘南新宿ライン、もしくは19:18渋谷発の湘南新宿ラインを利用するとよいという話をしてきました。

なぜなら、上記2つの列車は帰宅ラッシュの時間に走っているにも関わらず前後の列車のおかげで空いているからです。

しかし、今回のダイヤ改正でこの2本の列車の混雑が増しました。

 

ダイヤ改正の次の日にいつもの湘南新宿ライン乗ったら人が多くてびっくりしたもん!(笑)。

なぜか。時刻表を比較してみましょう。

埼京線と湘南新宿ラインの発車順序が入れ替わっていた、、、、

ダイヤ改正前(2019年11月30日以前)

新宿駅から埼玉方向に向かう湘南新宿ライン、埼京線のダイヤです。

ダイヤ改正後(2019年11月30日以降)

黒丸(●)がついている電車は新宿駅始発の電車です。

よく見ると、高崎線へ直通する湘南新宿ラインは時刻の変更がありませんが、前後を走る埼京線に時刻変更が生じています。

2019年11月30日のダイヤ改正前までは、湘南新宿ラインの3分前に埼京線が走っていました。

その結果、湘南新宿ラインの前を走る埼京線は混雑が激しかったのですが、その混雑した埼京線の直後に来る湘南新宿ラインはおかげで空いていました(笑)

しかし、今回のダイヤ改正でこの順番が入れ替わった(つまり埼京線→湘南新宿ラインの順番が湘南新宿ライン→埼京線の順番に入れ替わっている)ため湘南新宿ラインを利用するお客さんが増加。その結果、渋谷や新宿から乗車をすれば比較的すいていた高崎線に直通する湘南新宿ラインの混雑率が激しくなってしまいました。

自分にとっては残念ですね。おかげで少々帰り道が快適ではなくなってしまいました。

確かに、10両編成であるがゆえに混雑がより激しくなりやすい埼京線ではなく、15両編成で10両編成の埼京線よりもキャパシティーがある湘南新宿ラインにお客さんを集めるというのは、合理的であることは間違いないですが、、、

それでもやっぱりつらいですね(笑)

まとめ

人が少ないに越したことはありません。

もともと遅延が多い湘南新宿ライン。帰りくらい快適に埼玉まで運んでほしいです。

渋谷、新宿、池袋方面から、大宮、熊谷、高崎方面に向かって帰宅をされる皆様にとっては、少々残念なダイヤ改正だったかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました