メルカリVSブックオフ 本を売るならどっち?

雑学

先日、ブックオフにて本を売却してきました!

売った本はメルカリにて売ることができなかった本たち。ブックオフの店頭買取を利用したのですが、思ったよりもいい値段で売ることができました。

いままで、

ykk
リサイクルショップの店頭買取ではどうせいい値段がつかない

という決め付けをしていた自分がいましたが、今回の件で

最終手段としてブックオフのようなリサイクルショップの店頭買取を利用するのもあり

ということに気づくことができました。

さっそくレビューをしていきたいと思います!

ブックオフとは?

    ブックオフコーポレーション株式会社は、中古本・中古家電販売のチェーン「ブックオフ」を展開する企業。本社は神奈川県相模原市南区に所在。ウィキペディア

「本を売るならブックオフ」

でおなじみのリサイクルショップです!

ブックオフは本しか売れないのかというと決してそんなことはありません!

家電を売ることができますし、洋服を売ることもできます。

(すべてのお店で取り扱っているわけではありませんが。)

売買手数料みたいなのはないので、売却で得たお金はすべて自分のものになります。

洋服を売却するためにブックオフの店頭買取を利用したときのレビューはこちら

【セカンドストリートとブックオフ】洋服の店頭買取ならどっちがいい?
皆さんこんにちは!前回、セカンドストリートにて洋服を売ったところ、意外といい値段で売却をすることができました(笑)そのため、リサイクルショップ最高!というテンションで再びリサイクルショップへ行き、着なくなった洋服を売却することにしまし...

メルカリとは?

スマホで簡単に商品を出品できる手軽さから、幅広い年齢層に利用されています。今やCtoCサービスの大手であるヤフオク!を超えたとも言われているメルカリ。

スマホで売買ができる気軽さや、匿名発送機能があるなどサービスも充実。

ものを売却すると10%の手数料を取られます。また、発送の際の送料も多くの場合出品者が負担することになるため、多くの場合利益は手数料と送料を得られた売り上げから引いて残った額になります。

例えば、3000円の物を売却して、送料が195円だったとしたら、自分に残る利益は

3000円ー3000円×10%(手数料)ー195円(送料)=2505円

となります。

手数料と送料がかかるものの、基本的に出品できるものに制限がなくかつ手軽であるため自分も愛用しています。

本当に簡単です!(笑)

ブックオフの店頭買取を利用した理由

1番の理由は、メルカリで出品をしていた本たちをメルカリで売却することができなかったから。

読まなくなった本をお金に変えるためメルカリにて本を販売していました。

その中のいくつかは売ることができたのですが、売れ残りも出てしまい、、、

中には半年以上販売しているにもかかわらず売れない本も。

メルカリで出品した商品の約半数が24時間以内に売れているという現実を考えると、もはやいつまでたっても売れないのでは、、、と思ってしまいます。

読まなくなった本をいつまでもおうちに置いておきたくはない。だからといって捨てるのはもったいない、、、だったら、、、、

これが、今回ブックオフの店頭買取を利用した理由です。

今回売却した本たち

ブックオフに持って行った本たちはこちらになります。

就活本や教科書、小説、雑誌などです。

果たしていくらで売ることができるのか、、、、

今回自分が利用したのは、ブックオフ大宮ラクーン店。

前回も洋服の店頭買取にてお世話になりました!(笑)

待ち時間が20分程度。買い取りのレジに商品を持って行くと番号の引換券を渡さます。そして番号が呼ばれるまで店内で時間をつぶしています。

結果は、、、

結果はこうなりました!

19点で660円という結果でした!1冊当たり平均34円程度ですね。

今回の結果については、自分は満足しています!

というのも、メルカリで長いこと売却することができなかった本たちをお金に変えることができたので!

単価的には、「一つ何十円」のものが多いですね。

ブックオフとメルカリ、本を売るならどっち?

ものによって値段のつき方は変わってきますが、高く売りたいならやっぱりメルカリですね!

メルカリの最低出品金額は300円です。

仮に300円で本を売ることができたとします。

300円から手数料の30円と、らくらくメルカリ便の送料195円(大概の本はこれで発送できる)を引くと利益は300円ー30円ー195円=75円になります。

つまり、メルカリにて本を最低価格で売却しても多くの場合75円の利益が残るのです!(大きすぎる本、分厚すぎる本は例外ですが)

これは、今回自分が売却した本たちについた値段の9割を上回ります。(75円以上の値段がついた本は、19品中たった2品でした)

そのため、ブックオフで販売するよりもメルカリで販売をして売った方が、得られる利益は多いと結論付けられます。

まとめ

メルカリとブックオフ。

    メルカリはブックオフよりも高く売れることが多いが必ず売れるとは限らない。

    ブックオフは基本的にどんな本でも引き取ってもらえるが買い取り価格が雀の涙。

でも、ブックオフはゴミみたいな値段を付けられるかといわれたらそうでもなさそうです。

そのため、

利益を重視する人なら

①メルカリでまずは自分で価格を設定して販売→②メルカリの最低価格300円で販売→③ブックオフ

一刻も早く売りさばきたい人なら

いきなりブックオフへ売りたい本たちを持って行くのが良いのではないでしょうか。

自分は利益重視の人間なので、まずはメルカリで販売することを頑張って、最終手段としてブックオフをはじめとするリサイクルショップを利用したいと思います。

【セカンドストリートとブックオフ】洋服の店頭買取ならどっちがいい?
皆さんこんにちは!前回、セカンドストリートにて洋服を売ったところ、意外といい値段で売却をすることができました(笑)そのため、リサイクルショップ最高!というテンションで再びリサイクルショップへ行き、着なくなった洋服を売却することにしまし...

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました