金欠けちけち大学生がやっているお金が貯まる・増えるせこい生き方

雑学

皆さんこんにちは!突然ですが、自分の貯金残高を公開したいと思います。

厳密な数字はちょっとあれなので控えますが、2019年8月末時点で東海道新幹線で東京から新大阪間を29回往復できるくらいのお金があります。(これから旅行などでバンバン減っていく予定です(笑))

これについて、多いか少ないかは価値観の問題なのでわかりませんが、大学生の半数以上が貯金10万円未満という現実を踏まえると、多いかな~ととらえることができます。

【調査概要】
調査期間:2018年9月26日~9月28日
調査サンプル:大学1年生~大学院2年生500人(うち男子学生250人、女子学生250人)
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

じゃあ自分は何か特別なこと、例えば起業とかしたり、ブログでガッツリ稼いだりしているのか、、、と言われればそうでもありません。

多くの大学生と同じように、親の扶養に入っています。つまり、年収は103万円未満です。

そんな、いたって普通の凡人男子大学生がいかにしてお金を増やしているのか。今回はお金を増やす方法について、書いていきたいと思います。

お金を増やす方法は2つ

前提として、お金を増やすためには2つしか方法はありません。

出費を抑えるか収入を増やすかの2つです。

どちらかをすることでお金を増やすことができます。

ただ、大学生はいわゆる「103万円の壁」が存在することから収入を増やす点については限界があります。

103万円を超えてしまうと、所得税や住民税を支払う義務が発生するとともに、両親の税制上の負担が増えます。多くの大学生は、特定扶養控除という扱いで税制上の優遇を受けています。63万円も親御さんは所得税の控除を受けているのですよ!

103万円以上の収入を得たくても、こうしたことから103万円を超えてまで収入を得ようとすることはあまりいいことがありません。

ゆえに、大学生でお金を貯めるには、いかに出費を抑えることができるかが貯金できるか否かのカギを握っているといっても過言ではありません。

大学生は出費が多い、、、

大学生はお金がかかります。様々なところでかかってきます。

友人と遊びに行ったり、先輩と飲みに行ったり、恋人とデートをしたりすることで発生する交際費。

ちょっといい洋服やかばんなどを購入したり、サークルでの活動にお金がかかったり、旅行へ行ったりすることが高校生までと比較すると大幅に増えます。

見栄を張りたくなる年頃だしな

一人暮らしをしている方はそれに加えて家賃や光熱費、水道代などといった出費も発生します。

多くの大学生がアルバイトを始めることで収入を増やしますが、同時に出費も増えます。

その結果、「金欠大学生」が激増します。自分の周りでも多いです。

ケチできるところでケチをする。地道にせこく生きています。

自分は比較的、貯金をできている方だという自信はあります。

脱毛などにお金を投入しましたが、それでもまだたくさんのお金を残すことができています。

なぜ貯金ができているのか。

それは、せこく生きているからだと思います。地味ですが、地道にせこく生きています。

今から、自分がどれだけせこく生きているのかということについて紹介をしていきたいと思います!

出費を抑えるために自分がしていること

①歩く

自分はよく歩きます。

具体的には、山手線1駅くらいなら20分程度で歩くことができるので、歩ける駅間を移動するときは、電車を利用せず、積極的に「歩く」を選択しています。新宿から代々木、渋谷から恵比寿、五反田から大崎へ移動するときは、ほぼほぼ徒歩です。

歩くことで片道133円節約をすることができます!全然歩けます!

②ポイントを最大限活用する

支払い時はLINE Pay、薬局へ行ったらポイントカード、ファミリーマートへ行ったらTポイントカード、、、

など、一人の時の支払いはクレジットカードとポイントカードを利用しまくります。

例えば、薬局へ行って3,000円の支払いをするときは

LINE Payで支払い+ポイントカードを使うことで支払金額の合計1~2%還元(3,000円の支払いなら実質程度60円が返ってきます)

そのため、現金での支払いをすることはあまりありません。LINE Payなら、LINEポイントをそのまま次の支払いに利用することができるのでありがたいです(笑)

③ペットボトルは買わない。昼ご飯は家から持ってくる

自分はいつも水筒を持ち歩いています。そうすることでペットボトルの飲料水を外出先で買う必要がなくなります。

また、インターン先や大学にて、一人で昼ご飯を食べるときは家から昼食を持ってきています。そうすることで、食費を浮かせることができます。

狙いは節約です。

ペットボトルを1回我慢すれば150円、お昼ご飯を1回我慢すれば500円節約できます。

おかげで一か月で5,000円程度は節約することができていると思います。

④ものを売る

メルカリを最大限利用しています。物の新陳代謝をよくしています。

メルカリで売れないものはリサイクルショップでお金に変えます。

大量のノーブランドの服たちをセカンドストリートの店頭買取に持って行ったら意外と良かった(笑)
ノーブランド品の処分の仕方、模索中のykkです。何か良いアイデアある方いらっしゃいましたら教えていただきたいです、、、、今回は、大量の洋服をセカンドストリートに持って行って売却したときの話をしたいと思います。思ったよりも悲惨な値...

そうすることで、手持ちのお金を増やすことができます。

気が済むまで着た洋服や本を中心に、積極的に売り捌いています!

メンズのイケてる洋服、格安で買いませんか?~ykkフリマ~
突然ですが、メンズの洋服を格安で購入しませんか?この度、メンズの洋服のフリーマートを年中無休で開催することにしました!「格安で洋服が欲しい、、、」「お店まで行って洋服を購入するのが面倒、、、」「今すぐ洋服を買いたい!」とお考えの...

⑤買い食いはしない

帰り道にコンビニへ寄ってお菓子を買う、、、みたいなことはしません。コンビニで100円のコーヒーを買うようなことはしません。

コンビニスイーツなども厳禁です。必要外の出費は、一人ではしません。誘惑に打ち勝ちます。

⑥一人の時は贅沢をしない

一人で外食せざるを得ないときは日高屋の野菜たっぷりタンメンです。もりもりサービス券を使います。そうすると、お腹いっぱいになりかつ食費が520円で済みます。それ以外は基本的に選びません。

⑦アンケートモニターなどを地道に継続してやる

例えば、自分は新聞のアンケートモニターをやっています。

アンケートは1週間に1回程度、メールにて送られてきて、回答をすると180円分のポイントがもらえます。そしてそれは、現金相当の商品券と引き換えることができます!

アンケートモニターで得ることができる商品券は、103万円の壁と関係がありません。自分はアンケートモニターだけで7,000円以上稼ぎました。

あとは、就活サービスの活用ですね!

ONE CAREER  という就活サイトが定期的にやっている企画があります。

具体的には、約2時間のアンケート回答でアマゾンギフト券を参加者が約4,000円程度獲得できるというイベントです!

大学生の特権ですね!(笑)

まとめ

お金を増やすために自分がしていること。それは

地道なことを、できるときは積極的に、継続して行うということです。

自分はせこく生きています(笑)

でも、だからといってお金を貯めることしかしていないのかと言われたらそんなことは全くありません!

旅行に行きますし、ヨガに投資もしていますし、洋服に投資しているし、美容にお金をかけているし、友人との時間は大切にしていますし!

そこまでつまらない生き方はしていないです。

それでも、ケチできるところではケチをします。メリハリをつけています。

自分は人と一緒に遊んだり、ご飯をしたりすることが大好きなので、一人でぜいたくなご飯はしないけれど、友人と一緒の時は抵抗なくお金を出します。

ykk
女の子と一緒の時は、つい見栄を張って多めにお金を出すこともありますし(笑)

それでも、貯金できています!理由は地道なことを継続してできているおかげであると考えています。

塵も積もれば山となる

これが、ykk流のお金の貯め方の真髄です。

お金を増やしたいと思っている人の参考になれば幸いです!

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました