レーゲンスブルクでの1か月その④

旅行

皆さんこんにちは!

現役男子大学生の ykkです!

そもそもなぜ、自分がこうしてドイツでの生活をブログに書き残しているのか。

目的は2つあります。

①ドイツ留学、特に情報が少ないレーゲンスブルクでの留学を考えている人の参考になればという思いから

②留学後に留学後の報告書と成果報告会があり、その準備に割く時間を少しでも軽減するため(笑)

です!

①については、ドイツでも比較的マイナーな場所であるレーゲンスブルクの情報をたくさん載せることで、少しでもレーゲンスブルクに関する情報を世の中に発信して補っていくことができたらと考えています

②については、大学から30万円をいただいて留学に来ている以上、報告書を作成する義務があります。記憶が新鮮なうちにブログにしておき、それを報告書作成の際に生かすことでより濃い報告書を作成できるのではないかと考えております。

ではでは、2月6日の振り返りを始めます!

▼前の記事

レーゲンスブルクでの1か月その③
皆さんこんにちは!現役男子大学生のykkです!今日は2019年2月5日。レーゲンスブルクでの生活3日目です。3日目はだいぶ落ち着いてきましたが、まだまだ生活には慣れておりません。今日もハプニングが起きてしまいました(笑)▼前の記...

今日は5時に目を覚ます。

早寝早起きの生活が定着しつつある。そして、朝シャワーも定着しつつある。

シャワーを浴びてから、ドイツ語の勉強。

昨日、会話の際にうまく言えなかった表現や授業で聞き取れなかった単語を調べてノートにまとめる。語学なんてすぐにできるようにはならない。地道にやっていくしかない。

日本から持ってきたコーンスープとコーヒーが身に染みる。。。。

朝の自習を終えたら、学校に行く準備をする。

外は雪が降っていたため、一度傘を取りに部屋に戻る。相変わらず、部屋の鍵を解除するのに手間がかかり、結果乗りたかったバスに乗り遅れるという失態をしてしまった。

今日の授業は、再帰動詞と分離動詞についての授業であった。

文法事項はおおむね理解ができるが、みんなとの会話にうまく混ざれないのがもどかしい。英語が喋れると、もっと自分の世界が広がるんだろうな~。

まだまだ、自分が見えている世界は狭い。たった1か月。語学の勉強を必死に頑張ろう。そして、少しでもコミュニケーション能力を上げて3月帰国しよう。

語学学校の後は、旧市街地を観光した。

レーゲンスブルク大聖堂。とても大きい。

世界遺産でもあり、かつレーゲンスブルクのシンボル的な存在である。中に入ることも可能だ。

レーゲンスブルクの旧市街は、美しい、歴史ある建物だけではなく、飲食店や買い物ができるお店が豊富にある。そのため、歩くだけでも楽しい。

ただ、寒すぎる。この時期は長いこと歩き回るのは難しいかもしれない。

今日のお昼ご飯。L’Osteria Regensburgt というイタリアレストランでピザを食べた。

値段は高くないにもかかわらず、ピザのボリュームはすさまじい!巨大なマルゲリータを一人前平らげたが、正直食べすぎて気持ち悪くなった。

ただ、誤解してほしくないのは、おいしくなかったというわけではないということ。味は◎。値段も◎だった。おすすめのイタリアンレストランだ。

食後は寮に戻る。

暖かい寮はやっぱり落ち着く。洗濯機をルームメイトにレクチャーしてもらって回した。うちの寮は、洗濯機が備え付きでついているのが良い。

大学2年生の時に生活した寮では、部屋の外に出なければ洗濯機がなかったので、、、

ブログの執筆も行う。これからも続けていこう。

▼次の記事

レーゲンスブルクでの1か月その⑤
皆さんこんにちは! 現役男子大学生の ykkです!今日もブログを書くよ~! 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました