レーゲンスブルクでの1か月その⑩

旅行

皆さんこんにちは!

今日は2019年2月18日(月)の報告をしたいなと思います。

なんだかんだ留学も折り返し地点。振り返ってみると早いな~(´;ω;)ウッ…

レーゲンスブルクでの1か月その⑨
皆さんこんにちは! 現役男子大学生の ykkです! 今日は2月15日(金)の報告をしたいなと思います!今日は楽しいパーティーがあったのでそれの報告も行います。 

今日もいつも通り語学学校に行く。

3時間の授業で各国の社会保障制度についてドイツ語文法「weilとwennの使い分け」について学んだ。

授業に出席して思うのが、クラスメートの頭の回転の速さである。

というのも、先生が生徒たちに対して

この問題の答えは?

と聞くと、誰かがほぼ反射的にその問いに対する回答をするからである。

ドイツ語運用能力のレべル的には、全員同じなはずなのだが、、、(語学学校が始まった初日にクラス分けのテストがあった。その結果をもとにクラスは設定されている)

やっぱり勉強の量がまだまだ足りていないのかもな~。

負けず嫌いなところがある自分は、こういう状況になると、

 

ykk
もっと頑張らねば、、、、!

 

と気持ちが高ぶる。

突然だが近況報告をする。

結局働き口は見つからない。

やっぱり厳しいか~(´;ω;)ウッ…

断られるパターンは2パターン。

1つ目は、ドイツ語が流ちょうに話せないからダメ

2つめは、そもそもビザがないからダメ

だいたいこのパターンである。

このことから言えるのは、仮にビザを持っていたとしても、流ちょうに話せなければなかなか仕事を見つけることは難しいということ。

 

ykk

自分は日本から出ると無力だな、、、

 

ということを痛感。まだまだ勉強する必要あり。語学の勉強をもっと頑張らねば。

もう、おとなしく勉強に集中しよう。(笑)

うちの語学学校のクラスメイトは、語学学校の授業が終わったあと働いている人が多い。

そのため忙しそうだ。頻繁に授業のあと遊びに行く、といったことも難しい。

イスラエル人のルームメイトはとにかくいい人。

時々ご飯を作ってくれるし、ドイツ語についてだったり、日常生活のことについていろいろ丁寧に教えてくれる。

彼のおかげで部屋もきれいに保たれているので、少々潔癖症気味の自分にとってありがたい。

そして最近は、将来のことについて非常に悩んでいる。

10年後、20年後、自分は果たしてどうなっているのか、、、ちゃんと食っていけているのだろうか、家族を養えているのだろうか、、、

就活で、こんなに考えさせられるなんて思いもしなかった。不安しかない。

日本に帰ったら、やることはもう決まっている。悩んでいてもだめ。行動あるのみ。

以上が最近の近況である。

最初はどうなるかと思っていたが、なんだかんだ順調に生活ができている。残り2週間も充実させたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました