日帰り旅行~Ulm und Augsburg~

旅行

皆さんこんにちは!

 

現役男子大学生の ykkです!

 

本日は2月16日の報告、ドイツの都市Ulm(ウルム)とAugsburg(アウグスブルク)へ行ってきたので、2つの都市を紹介していきたいなと思います!

 

ウルムとアウグスブルクには何があるの!?

 

という方や、ドイツでの観光を考えている人の参考になれば幸いです。

 

 

Ulm(ウルム)

ウルム(アレマン語・標準ドイツ語: Ulm)は、ドイツ連邦共和国のバーデン=ヴュルテンベルク州南部に属する都市。

世界で最も高い尖塔を有するウルム大聖堂、ルネ・デカルトが直交座標系を思いついた地、物理学者アルベルト・アインシュタインの出生地として知られる。人口は約12万人。(引用:Wikipedia)

 

世界一の高さを誇るウルム大聖堂と相対性理論を発見したアインシュタインの出身地でもあるウルム。果たして、どんな見どころが、、、

 

 

こちらはウルム中央駅。2019年2月16日に訪れた時には、工事中だった。かなり大規模な工事をしていた、、、、!

 

 

ウルム大聖堂は、駅を出るとすぐに発見できる。大聖堂に続く道も1本なので、迷うことはないかと。。。!

 

 

大聖堂までの道は、写真のようにショッピングモールが広がっている。買い物も楽しみことができそう。

 

ウルム大聖堂

なんだかんだ、ウルム大聖堂はもう目の前に、、、、!

 

さっそく中に入ってみた。
 

 

ykk

いや、めっちゃきれい。。。。!

 
どうやらこの大聖堂には、階段768段を使って登ることができるのだという。

 

せっかくなので、高さ162メートルからウルムの街をみたいと思い、課金して登ることを決意。登るための階段は、入り口のすぐ左にあった。

 

 

こちらが階段。なかなか厳しい、、、

 

バリアフリーなんてないので、エレベーターなどない。すべて階段。

 

ただ、階段を登った先にあったのは、、、

 

 

この景色。圧巻だった。これを見るために登ったかいはあった、、、、!

 

ただ、再び降ることを考えると、正直憂鬱だった、、、

 

 

大聖堂の頂上には、ウルム大聖堂の歴史を紹介するものや記念コインの販売がされていた。

 



ウルム大聖堂の周辺は市場になっていた。パンや果物など、様々なものが販売されていた。

 


 

インスタ映えしそうな街、ウルム

 

 

今日の昼ご飯

 

 

Erstes Ulmer Pfannkuchenhaus – Allgauer Hof Fam. Hagmayer

 

というお店でシュニッツェルを食べた。

 

ウルムを堪能した後は、ウルムから電車で40分の場所にある、アウグスブルクへ向かうことにした。
 

Augsburg(アウグスブルク)

 

シュヴァーベン郡市連合、シュヴァーベン行政管区およびアウクスブルク郡の本部所在地であり、大学都市としても知られる。

アウクスブルクは1909年に大都市となり、バイエルン州第3の都市である。

(引用:Wikipedia)

 

市庁舎を中心に、アウグスブルクの街をぶらぶら観光。

 

観光地が中央駅から近いのはありがたい、、、、!

 


 

アウグスブルク大聖堂

 
こちらが有名な、アウグスブルク大聖堂

 

 

ここで日本好きのドイツ人と仲良くなった(笑)

 

 

ペルラッハの塔

 

 

市内はお店も充実していてとても楽しかった。

 

また、ここ数日は気温が高く、自分が訪れた2月16日は、13度もあった。

 

マキシミリアン通り

 

 

こうして、アウグスブルク市内をぐるぐるしていたら、大行列のピザ屋さんがあった。おやつにピザを食べようと思い、並んでみた。

 

 

たった1.8€でこのおいしさなら、行列ができることも納得。おいしかった、、、

 

こうして楽しいウルムとアウグスブルクの観光は終了。半日ほどで2つの都市を回ることができるので、行くならこの2つの都市をまとめて回るのがおすすめ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました