レーゲンスブルクでの1か月その①

旅行

皆さんこんにちは!

現役男子大学生の ykkです!

2019年2月3日から3月2日まで、ドイツのレーゲンスブルクという町で1か月過ごします。そこで、毎日の自分の日記を書いていきたいなと思います。

短期留学を考えている人の、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

ykk

寂しい

 

 

2019年2月3日。無事にトランジットを終えてバイエルン州最大の都市、ミュンヘンにやってきた。

 

ミュンヘンは雪が降っております。気温は1度。めちゃくちゃ寒いです。

初めての町に1人で降り立った自分。

正直に言うと、めちゃくちゃ寂しい。

ぶっちゃけ、過去の経験からもっとワクワクするものかと思っていた。ただそれは、一緒に話す人がいたからなのだなと痛感。

 

片言のドイツ語を使いながら、ジャーマンレイルパスにサインをしてもらう。

一人で電車に乗りこむ。話す人は誰もいない。

 

 

雪がひたすら降り続ける。外は1度とのこと。

落ち着いてられず、勉強もできない。外をボケーっと見ていた。

彼女からのLINEが愛おしい。

寂しいことを伝えると、

 

「毎日LINEしよう!」

 

といって励ましてくれる。なんていい子なんだろう・・・幸せ者だ。

 

 

 

1時間ちょっと電車に乗り、無事にレーゲンスブルクに到着。

雪が冷たい。寒い。

 

レーゲンスブルク中央駅についたのは11時。

17時に寮の管理者と会うことになっているので駅のベンチで時間をつぶす。あまりにも元気がなさ過ぎて #ykkコーデ を撮る気にもならない。

不安しかない。

一人で海外。しかも一か月ってこんなにも過酷だったんだ。

 

そして、16時になったのでそろそろアパートの管理人と会いに腰を上げる。

20キロを超えるキャリーケースをもって雪の中を歩くのは容易ではない。

死にそうになりながら雪の中を進む。

そして、何とかバス停にたどり着き、バスに乗り込む。

30分ほどバスに揺られて、目的地に到着。

おろおろしていたところを、優しいおばさんが助けてくれたこともあって17時前にはアパートについたのだが。。。

 

 

ykk

こない

 

 

誰も、その人らしき人物は見当たらない。

寒い中待つこと30分。

 

 

ykk

もう待てない

 

 

そう思い、見切りをつけ、その場を後にする。

コミュニケーション不足だったのだろうか。。。

バスで現場に向かい、寒い中待っていたにもかかわらず、何なのか。一人で思わず

 

「何なんだよ」

 

と叫んでしまった。

明日、聞いてみようと思う。

 

何とか見つけた格安ホテル。ドミトリーベッドだ。一泊16€。安すぎる。

 

 

ykk

これでやっと暖かいところに行ける・・・

 

 

そう思ったのだが残念ながらそうはいかなかった。

 

まず、最寄りのバス停から宿泊場所まで1.1キロメートル歩く。死ぬかと思った。鼻水だらだら。顔はより不細工に。

 

そしてなんとか現場にたどり着いたと思ったら、どうやらチェックインしなければそこへは入れないのだとか。再びチェックインする場所を探す。行ったり来たりを繰り返す。何とか見つけることができたが見つけられたのは探し始めて30分後。非常にわかりにくい場所にあった。

 

受付の優しいお姉さんに案内をしてもらって何とか宿泊場所へ。

踏んだり蹴ったりの1日がこれにて終了。

 

 

ykk

正直なめていた

 

 

明日から語学学校が始まる。9時に集合。今日の宿泊場所から1.1キロメートルの場所。

緊張のせいか分らないが、今日はクロワッサン4個と機内食のオムレツしか食べなかった・・・。

バク食いのはずなんだけどね~

まだまだ。ドイツでの生活は始まったばかり。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました