ゆうこすの共感SNSを読んだ7の感想


皆さんこんにちは!

今回は先日読んだ本の紹介をします。それはこちらです!

じゃじゃん!

インフルエンサーゆうこすさんの共感SNSです!

自分に「自己プロデュース」という言葉を教えてくれ、情報発信をするきっかけを与えてくれたのはこの方でした。そして前回の本からよりパワーアップして帰ってきたということで、読まないわけには行きません!(笑)

「SNSで夢を叶える・ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方」の本を読んで
「有名になりたい、でも今の自分には何が足りていないのか…」実は、高校生の時から「有名になる」という野望は抱いていました。でも、ある日突然有名になるなんてことはない。どうしたらいいものか…そこで、有名になっている人の特徴を考えてみました...

そこで、今回は共感SNSを読んで印象的だった部分であったり、実際に活用ができそうなところを7個ピックアップしてみましたので、

共感SNSってどんなことが書いてあるんだろう、、、、?

と思っていらっしゃる人の参考になれば幸いです!

 

①SNSでなりたい自分をつくる

多くの人は

「SNSのフォロワーをもっと増やしたい!」

「SNSで稼げるようになりたい!」

と考えがちです。でもゆうこすさんはそれを実現するためには「SNSでの情報発信を通して自分はどうなりたいのか」を簡潔に語れないとダメだと説きます。

自分のやりたいことや方向性をしっかりと語り、思い入れを持ってもらうことが一番大事です。

②夢や願望だけでは応援(フォローすら)できない

僕のような素人が

「自分はこうなりたい!」

「○○目指して頑張っています!」

だけで「応援したい!」となるでしょうか?多くに場合、なかなかそうはなりませんよね。悲しいですが(笑)

でも、ただ夢や願望を述べるのではなく、理由や思いを付加してあげることで共感が生めるとゆうこすさんは言います。

どうして自分はそれを目指しているのか、なぜ自分はそうなりたいのか、、、、

そのため、自分の思いや目標に意味付けをすることが必要です。

目標に対する理由や思いを知って初めて人は心を揺さぶられる(byゆうこす)

間違いないですね!

③唯一無二の肩書をつくる

ゆうこすさんの肩書は「モテクリエイター」。

この一言でゆうこすさんは何をしているかがわかりますし、ほかに同じ肩書の人はいませんから他の人と被っていません。

モテクリエイターはゆうこすさんの「モテ」と「クリエイター」という一般的な言葉を掛け合わせてできた言葉。これがあることで自分のことや性格を伝えるときにわかりやすく、有利になります。

④立ち位置を間違えない

素人が一流のモデルのマネをしたり、肩を並べようとしてもなかなか難しいですよね。

「顔」、「スタイル」、「おしゃれさ」を競うとなるとライバルは手ごわすぎます(笑)

ゆうこすさんは、そうしたプロと戦うのではなくフォロワーと芸能人の中間を目指して、マネしやすいコーデをテーマにしようと考え実行しています。

自分の現状を無視して、無理な立ち位置に立とうとすると苦しいですし、うまくいきません。でも、自分の強みを掛け合わせることで独自性を出せるのなら、芸能人と差別化することができます。

⑤共感+メリット=フォロー

共感を生む情報の提供、フォロワーに対して有益な情報の提供。これがフォローをしてもらうために必要です。自分の好きなことだけを発信しているだけではなかなかフォローまで結びつきません。

ゆうこすさんは、まず自分のSNSの「プロフィール」を確認してみましょうといいます。どんなプロフィールになっていますか??

⑥プロフィールがSNSを制する

プロフィール=本の表紙。

フォロワーが共感できる雰囲気や、フォローするメリットをつくるためには、フォロワーの目線に立って考えることが必要です。

ます、プロフィールに興味を持たないとフォローしませんよね!(笑)

書店の本のカバーを参考にしながら、プロフィールづくりをしてみるのはいかがでしょうか?

⑦共感を熱量の高い応援に変える

フォロワーが増える=仕事に直結する

ということはありません。フォロワーから自分のファンになってくれる人を増やすことが必要になってきます。

フォロワーとファンの違いは「熱量」です。ファンだったら、自分の投稿に必ず反応をしてくれるし、反響が起こります。

人やお金を動かすためには、フォロワーだけでは不十分です。ファンを増やすために成功・失敗・熱量を共有し合う場をインターネットで作っていきましょう。

まとめ

今回は、共感SNSの第3章までしかまとめませんでした。

本自体は第5章まであるのですが、

第4章 #ソーシャルパワーを仕事にする

第5章 #SNSでブランドをつくる

という内容で「仕事をもらった後の」話がメインになるからです。自分はまだその領域まで言っていません(笑) 

ただ、誤解されたくないので補足をしますが、読むのが無駄だったということはまたくないです!非常に共感できる「DCPAサイクル」についての話が出てくるのは第5章です。

第4章、第5章も気になる!という方は続きはこちらからどうぞ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る [ ゆうこす ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/10/11時点)


ではでは。さようなら~

コメント

タイトルとURLをコピーしました