~ykk流~自分の軸の作り方・見つけ方

凡人成長記録

就職活動をしていると、時々聞かれます。

「自分の座右の銘は何ですか?」

「あなたが大切にしている価値観は何ですか?」

系の質問。

また、先日自分が働いている長期インターンの社員さんと飲みに行った時にこんな話をしてくださりました。

「自分の哲学をどれだけ持っているかって大事だよね」

と。

そこで、21年間しか生きていない未熟者の自分ですが、今回は自分の軸というものを披露したいなと思います。

「なぜそういう軸を持つに至ったのか」

という経験に基づいて書いていこうと思うので、

「自分の軸ってよくわからない~」

「就職活動で考えないとだけれどどうしよう~」

という方の少しでも参考になれば幸いです。

自分の軸の見つけ方

①いつ、どんなとき、なぜそう感じたかを時系列にそって棚卸しする。

小学生の時にこんなことがあってこう感じた

高校生の時にああいう経験をしてこう思った

などなど。思いつく限り書きだします。

②現在、自分はどういう人間なのかを言語化する。

「一言で表すと自分はどういう人間なのか」

「大学生になってこういう経験をした、挑戦した、失敗したとき、どうしてそういう経験をしようと思ったのだろう?挑戦しようと思ったのだろう?なぜ失敗してしまったのだろう」

「自分の強み・弱みは何だろう」

ということを問いかけ、言語化する。その際、思ったことを書き出してみることをお勧めします。そうすることで、「これとこれは似ているかも!」みたいな共通点が見つかることがあるので。

③今の自分を形成している原点となる出来事を突き止める。

過去と現在を照らし合わせて、「今の自分を形成しているのはこの経験だ」「自分がこういう価値観を持つようになったのは、この出来事からだ」ということを明らかにします。それが、自分自身の根底にある価値観、つまり軸であるに違いありません。

 

つらつらと書いてきましたが、参考になるかわかりませんが自分の話もしたいと思います。

自分の軸

自分の軸①:痛みなくして得るものなし

一つ目の軸について。

痛みなくして得るものなし、英語で言うとno pain, no gainと言います。ドイツ語ではOhne Schmerz kein Gewinn となります。

21年間の経験を振り返ったとき、自分自身が達成感あるな~だったり、頑張れてたな~と思えた経験の大半は、つらかったり、しんどかったときのことが多いです。

そのことを、身をもって体感しているので、「逆境ウェルカム!」という気持ちで自分はむしろ積極的に挑むようになりましたね(笑)

しんどかった経験、やめたいと思ったことから逃げずに頑張り続けた結果、今振り返ったときにそうした経験は自分自身の自信や成長につながっていると確信しております。

自分の軸②:承認欲求

いい意味でも悪い意味でも、自分は「人」に左右されます。

「○○さんから認めてもらいたい」

「お世話になった××さんのために頑張る」

みたいな。

自分は大学2年の10月から、長期インターンをしています。2020年3月まで続ける予定です。2年半も続けられる要因の1つは、「自分のことを認めてくれる人がいる」から。

「木田君ありがとう~」

「木田君のおかげで助かったわ」

と言ってくださる自分の直属の上司の存在。

「木田さんにはいつも助けられています」

とありがたいことに自分を頼りにしてくれている後輩の存在。

つまり、自分が必要とされている環境であるからこそ、承認欲求が満たされ、長期インターンを続けてられているのではないかと思います。(もちろん、承認欲求がなくなったからといってやめませんが(笑))

自分は、いい意味でも悪い意味でも「人」に左右される人間です。人から認めてもらいたいから頑張る、「すごい」と思われたいから頑張るということは往々にしてあります。

逆に、必要とされなくなったらさみしすぎて死んでしまうと思います。寂しがり屋なので(笑)

自分の軸③:思い立ったが吉日

考えるよりもまず足が出ます。まずはやってみる、挑戦してみる。そうすることで、得られるものがたくさんあります。知識はもちろんですが、経験や人脈なども手に入ることが多いです。

自分は挑戦することで、たくさんのことを経験できました。

大学生活では、2年生の時からFLPという学部を超えて人が集まるゼミに応募して所属しましたし、大学の制度や奨学金を使って2度留学にも行きました。そして、長期インターンもしています。SNSやブログも趣味としてやっています。

大学生は自由です。担任の先生なんてものは存在しません。好きなことができます。

つまり、何か積極的に行動した人としなかった人との間で恐ろしく差が出てしまうのが大学生活なのです。

自分は高校時代の反省から、「大学生になったらいろいろなことに挑戦して、圧倒的な人脈と経験を獲得しよう」と思うようになります。挑戦した結果、自分の中で人脈や経験を獲得することができました。挑戦様様です(笑)

今の自分を形成している原点

21年間しか生きてはいませんが、自分の人生を振り返った結果、今の自分を形成しているのは高校時代だということは確信しています。

嫌なことから逃げた結果、人脈・経験が共に圧倒的に不足。それに伴う自信喪失、強烈なコンプレックス、、、そんな自分が大っ嫌いでした。

 

ykk

2度と同じ思いをしたくない、大学生になったら絶対に自分を変える

そんな思いで大学受験の勉強をしました。しんどかったけれど、「大学生になる」という強い思いがあったので乗り越えることができました。そして、大学生になってからは、人脈・経験共に圧倒的に増え、自分のことが大好きになりました(笑)

そんな経験を踏まえて、自分は3つの軸があります。

自分の軸①:痛みなくして得るものなし

自分の軸②:承認欲求

自分の軸③:思い立ったが吉日

自分の軸は、高校時代のしくじりによって生じたコンプレックスから誕生しました。その時の経験が、今の自分の価値観を形成し、今の自分の行動に表れているといっても過言ではないかと思います。

まとめ

 

自分の軸の見つけ方

①いつ、どんなとき、なぜそう感じたかを時系列にそって棚卸しする。

②現在、自分はどういう人間なのかを言語化する。

③今の自分を形成している原点となる出来事を突き止める。

 

以上!さようなら~!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました