【大学デビューしたい男必見】大学デビューして脱インキャしましょう!

凡人成長記録

大学デビュー

高校時代に自分の納得いく過ごし方ができなかった人、青春の「せ」の字もない高校生活を送っていた人はおそらく、

「大学デビューしたい」

と思ったことが少しでもあるのではないでしょうか。

かという自分も、大学デビューを試みた人間です。

そして、実際に大学デビューできました(笑)

もちろん、成功したこともありましたが失敗もありましたが、、、

今回は大学デビューとは?という話から、大学デビューするにあたって陰キャの僕がどんなことに気を付けて過ごしたのか。そのあたりの話をしていきたいと思います!

前提として

今回の記事は、高校時代に「自分を変えたい!」と思っている人へ自身の体験をもとに自己流のやり方で大学デビューのやり方をつらつら書いているものとなっています。誰かを否定するとか大学デビューは絶対にしなければならないということを伝えるものではありません。

大学デビューとは?

大学デビューとは、高校までと異なるキャラになることを目指して、言動やファッションを大きく変えることを言います。 高校時代までおとなしくて目立たなかった人が、大学に入り髪を染めてオシャレな洋服を買って、パリピのようなノリで人と遊ぶようになるというのがよくある例です。

引用:girlswalker

俗にいう、「リア充」ですね!

予定表が毎日友人との飲み会や遊びの用事でいっぱいで、友達がたくさん。当然彼女もいる。外見はイケていて異性からモテている。もちろん、プライベートも充実していてバイトや留学に明け暮れて充実したキャンパスライフを送っているような人のことを「リア充」というのでしょう!

つまり、リア充とは

人脈の多さ×外見の良さ×経験値の多さ

と言えるのでないでしょうか。(自分はこう定義しました)

逆に言うと、この3軸をそれぞれ高めていくことで誰でもリア充=大学デビューできると考えました。

高校時代に自分は、このことに気が付きました。

(詳細は後ほど書きます。)

高校時代にキラキラしていた人の特徴は?

キラキラしている≒リア充。

リア充≒人脈の多さ×外見の良さ×経験値の多さ

と自分は定義しています。なぜか。それは、高校時代にキラキラしていた人にそういう傾向があったから。(逆にいうと、自分にはこれら3つがなかったから陰キャという自覚があった。)

だいたいリア充と言われている人は

・イケメンや美女が多い。

・高校時代で言うと、部活動で結果を出している。帰宅部ではない人が多い。

・上記2つの理由から人脈がある。友達は多いし恋人もいる。

高校時代、自分はどれくらい陰キャだった?

まずは外見から。

隠しきれない陰キャのオーラが漂っています。

部活動もちゃんとやっていませんでした。ゆえに、自分のクラス以外で友人はほとんどいませんでした。

そして当然、彼女はいませんよ(笑)

大学デビューを決意したきっかけは?

人脈の多さ×外見の良さ×経験値の多さのどれも欠けていた高校時代。だからこそ、リア充がうらやましかった。友人たちと学校外で遊びに行っていたり、恋人とイチャイチャしている人たちが。

共学であったし、しかも女子の方が多い高校に通っていたにもかかわらず、青春の「せ」の字もない高校時代。そんな自分に対する強烈な劣等感から、

 

ykk

絶対に大学になって変わる

 

と決意します。大学デビューをして、リア充になって、キラキラキャンパスライフを送って見せると強く決意するのでした。

逆にどうして高校時代陰キャだったの?

端的に言うと、

嫌なことから逃げていた

ことが最大の理由であったかと思います。

苦しいこと、しんどいことから逃げる=挑戦を恐れていた

これが、自分の高校時代です。口先だけで、実際は何も行動しない。いやなことから逃げてばかり。そんな人間に、だれが積極的に関わりたいと思うでしょうか。信用できるでしょうか。

話は少しそれますが、自分の座右の銘はno pain, no gainです。

当時の経験から、「努力をすること。何かに向かって全力で挑戦すること。逆境を乗り越えること」はいかに人としての魅力を高め、自身の自信につながるかを痛感したことから、自分の座右の銘はこうなっています。

大学デビューをするために何が必要?

大学デビュー成功=リア充になるために必要なこと。それを3つの軸を用いながら説明していきます。

人脈を増やすためにしたこと

とにかく自分から積極的に機会を作っていくことだと思います。具体的には、サークルに入ること、ゼミに入ること、アルバイトを始めることなど、、、

大学生は、自由です。担任の先生など存在しません。自由すぎるからこそ、自分から何かをしないと本当にもったいないです。

サークルに入れば、一気に先輩と同期数十人から数百人で人材ができます。その中から、長く、深く付き合える友人を作りましょう。はじめの母集団を確保するには、サークルに顔を出すことが一番です。

ゼミにも入りましょう。ゼミは深く付き合える友人を作れるチャンスです。ゼミは基本さぼれません。ゆえに、友人たちと少なくとも週に1回は会うことができます。

アルバイトも人脈を増やせるチャンス。シフトなどで一緒になり、一緒に仕事ができれば、それだけ仲を深めることができます。

イメージとしては、サークルは広く浅く、ゼミやアルバイトは狭く深く人脈を形成できる場であるといえます。

外見をよくするためにしたこと

これについては散々書いていますが、

ファッション×髪型×美容

を極めることで外見は何とかできます!

洋服は、少しいいものを買いましょう。5,000円から10,000円程度のものを。そしてシンプルで、清潔感のあるものを着ましょう。

髪は美容院で切ってもらいましょう。似合う髪型にしてもらえるはず。

洋服と髪型は、ファッション雑誌を見て研究することをお勧めします。

自分はメンズノンノやファインボーイズを読んでよく服や髪型を似せる努力をしています。

【女子大生に聞いた!】女子大生に受けがいいコーデってなんだ??
みなさんこんにちは!ファッションが大好きな男子大学生、ykkです。本日は現役女子大生に聞いた!好感を持てるコーデの話をしていきたいと思います。数少ない自分の人脈を利用して、現役女子大生の声をかき集めました!...

美容についても同様。

ニキビのない、清潔感あふれる肌を作っていくために、生活習慣をよくする努力をしていきましょう。

特に美容については、毎日の積み重ねが肝心です。大学受験が終わった春休みから、意識をしていきましょう。

~ykk流~美肌作りための10の習慣
私が考えるイケメンたちは、みんな肌がきれいです。自分も当然、イケメンになりたい。ゆえに、美白はイケメンになるための必要十分条件です。イケメンであるならば美肌、美肌ならイケメンですから!そんな、イケメンになりたい自分が美肌のために日...

経験を増やすためにしたこと

前提として、なぜ経験を積むことが大切なのか。

経験がある人は自信があります。逆境を乗り越えた経験、できること・やれることを増やした経験、失敗をした経験、血のにじむ努力をした経験、、、

こうした経験は、間違いなく人間としての魅力を高めます。年齢関係なく、自信がある人はオーラが違いますね!

経験をしていく中で、その人はオーラを獲得し人を惹きつけることができます。

加えて、経験を積む過程でコミュニケーション能力や人脈など、様々なものを獲得していくことができるので、自分から行動をして自分を高める努力をしていくことは自分の糧になること間違いないです。

かっこいい(かわいい)に加えて人を惹きつける「オーラ」を身にまとえば、鬼に金棒です。

ということで自分は自分の「やってみたい!」を大切にして、興味を持ったことに積極的に挑戦をしていきました。

例えば、大学の制度を活用して様々な経験をしつつつながりを増やしたりとか、本を読んで「面白そう!」と思ったことはとりあえずやってみています。そこで、成功・失敗含めいろいろな経験をしていく中で、自分を高めることができると考えているので。そしてついでに人脈も獲得していくことができます。

自分が挑戦したことは、

学部のゼミに加えて学部を超えたゼミに所属、留学、プログラミングインターン、長期インターン、ブログ・SNS、ミスター中央への立候補….

わかりやすい例で言うと、上記のようなことでしょうか。陰キャだった高校時代と比較すると、挑戦をした数については圧倒的な差があります。

こうした経験を通して、自分は高校時代と比較して変わることができたという自信があります。

大学デビューをしたい人へ

まずは理想の自分をイメージしましょう。具体化しましょう。

おそらく、大学デビューをしたいと考えている方は、理想の自分やロールモデルとなる人が存在しているはずです。

理想の自分やロールモデルと比較をして、今の自分に足りていないものは何ですか?

どうすれば、理想の状態に近づくことができますか?

自分の例で言えば、高校時代にリア充をしていた人たちです。(逆になりたくない自分が今の自分)そして、彼らと自分を比較した結果、

人脈×外見×経験値

が圧倒的にかけているということに気が付きました。そのため、大学生になる前から、そしてなってからこれらを高める努力をしていくことで自分もリア充になっていけるのではないだろうか、と考えるようになります。

そのため、なりたい自分から逆算をして、なりたい自分になるためにはどういう大学生を目指していかなければならないのか、何を意識して過ごしていくべきなのか、そして何をしてはならないのか(反面教師は誰か)を考え行動すれば、大学デビューが成功すること間違いなしです!

大学デビューしてどうなったか?

高校時代の陰キャだった自分に欠けていた

人脈×外見×経験値

を高めました。結果、人脈に関して言えば、バイトやゼミの仲間はもちろんですが、彼女や木田会の結成、旅行や定期的にご飯にいける関係を築ける友人を作ることができました。クラスの中の数人としかかかわりがなかった高校時代とは大きく異なります。

外見については、ミスター中央こそなれませんでしたが、読者モデルになれましたし、高校時代の写真を見せると、「整形したの!?」と驚かれるくらいになっています。

例えば、これが最近の自分です。まだまだ陰キャですが、高校時代よりはいろいろな意味で良くなっている自信はあります(笑)

経験値についても、自分自身充実感を感じるくらい大学生になってからいろいろな経験ができています。本当にありがたいです。

まとめ

大学デビューしたければ・・・・

①なりたい自分をイメージする

②なりたい自分になるために何をしなければならないのか考える(木田の場合は、人脈×外見×経験値の3軸を高める)

③実際に行動する(口先だけで終わらない)

ことが必要であると、多少大学デビューできた自分は考えています。

人は変われます!

なりたい自分になるために行動すれば、すぐに成果は出ずとも、数年後振り返ったときに成果はきっと出ているはずです。

ではでは!さようなら~!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました