【爆死したな、、、】日本化粧品検定2級を受けてきました

美容

突然ですが、皆さん日本化粧品検定ってご存知ですか?日本化粧品検定とは、化粧品のスペシャリストを育成するための検定です。

漢検や英検、TOEICなどと比較をするとまだまだの知名度ではありますが、日本化粧品検定は文部科学省が後援をしている美容業界最大級の検定となっております。

そんな、日本化粧品検定を先日受験してきましたのでそのことについて記事を書きたいと思います。

自分が解けなかった問題の備忘録も兼ねて、試験に出た項目も掲載しています!試験前に見ていただく価値もあるかと、、、!

ちなみに、受けた級は2級。受験日は2019年9月10日です。

なぜ日本化粧品検定を受験しようと思ったのか

最大の理由は、自分が美容に興味があるからです(笑)

自分はかっこよくなりたい。周りからよく見られたいという思いが強いです。その欲求を満たすための手段として容姿をよくすること。その容姿をよくするための手段として美容に力を入れています。

ただ、美容についての知識は、自分が興味ある分野のことを少し知っている程度の断片的なことまでで、かつ美容について語るなら自分の容姿を整えると同時に、何か客観的に自分の能力などを証明してくれるものが欲しいな~と思いました。そう思っていた時に、日本化粧品検定に出会いました!

どこでこの検定の存在を知ったのかは忘れましたが、検定の存在を知ったときからずっと取りたいと考えていました。そして、さっそく受験してみることにしました。

どんな勉強法で勉強したか

    ①日本化粧品検定2級の問題集で勉強

    →これは必須ですね!実際、試験で問題集からの問題も少し出ていました。

    ②無料で受けられる日本化粧品検定3級の問題をひたすら解く

    →ここからも何問か試験に出ました!何度もやりましょう!(笑)

    ③日本化粧品検定のTwitterアカウントをチェック

    →美容に関する様々な情報が出ています!これを確認して覚えていました。

日本化粧品検定2級を受験してみて

Aが来たらBという覚え方では不十分

例えば、エストロゲンとプロゲステロン、どっちが黄体ホルモンでどっちが卵胞ホルモンであるかぱっと答えられますか?

エストロゲンは女性らしさを作るホルモン、プロゲステロンは妊娠に関わるホルモンとだけ覚えていても、エストロゲンとプロゲステロンに加えて黄体ホルモンと卵胞ホルモンまで覚えていないと問題を解くことができない問題が出題されました。

深く、勉強することが求められています。

公式問題集だけでは不十分

自分はお金をケチって、日本化粧品検定2級のテキストは購入せず。日本化粧品検定2級の問題集だけを購入して完璧にして試験に臨みました。

しかし、それだけでは明らかに不十分でしたね。問題集に掲載されていない問題も普通に出てきました(笑)

よってテキストはケチせずちゃんと買いましょう!(笑)


どんな問題が出たか

ここからは、自分が試験を受けてみて勉強不足だった箇所をピックアップして掲載しています!日本化粧品検定の問題についての情報はあまりにも少ないです(笑)

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

①ビタミンの効用について

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、、、、

これらのビタミンの中でどのビタミンがニキビと関連があるかわかりますか?

答えはビタミンBとビタミンCです!

    ビタミンB
    肌が健康な新しい細胞を作るために欠かせない栄養素で、不足するとニキビ、肌荒れ、口内炎などを引き起こしやすくなります。

     

    ビタミンC
    美肌には欠かせない栄養素で、ニキビ治療には特に効果的です。ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える働きや、強い抗酸化作用があるため、活性酸素と呼ばれる皮膚に悪影響を与える物質を無害化する働きがあります。また、ビタミンCは体内でのコラーゲンの合成にかかわるため、ビタミンCが十分にあると肌のターンオーバーが円滑になり、毛穴の詰まりやニキビの炎症を抑えてくれます。

     

    <<マイナビウーマン 「ニキビに効果的なビタミンと摂取方法」より>>

②真皮の構造と働きについて

コラーゲンとエラスチンは真皮にある、、、、

これだけでは不十分なのが日本化粧品検定2級。下記のような画像(本番は当然器官の名称はなし)とともに、コラーゲン、エラスチン、そして繊維芽細胞の名称を答えさせる問題が出ました!

③ストレスの種類についての問題がでた

これについては、公式問題集に問題の掲載がなかった気がするけれどな~(笑)< 物理的ストレッサー、化学的ストレッサー、心理・社会的ストレッサー、すべて説明できますか?改めて、それぞれのストレッサーが何なのかをここに記しますね!

    物理的ストレッサー: 温度や光、音など物理的な環境刺激のこと。

     

    化学的ストレッサー: 化学物質や有機溶剤、金属、アルコール、タバコ、薬物、食品添加物といったもの。化学物質などの目や喉への刺激、匂いあるいは毒性はもちろんのこと、室内の空気環境(酸素欠乏)などもストレッサーとなる。

     

    心理的ストレッサー: 不安、焦り、いらだち、怒り、緊張、抑うつといった感情をともなうもの。

     

    社会的ストレッサー: 情報過多や過密な都市生活、経済問題、政治問題、職場関係といったもの。

④小じわができる要因についての問題が出た

    肌の水分バランスが変化し、水分の量が減少することが原因。 乾燥肌を保つためには角質層(表皮の一番上にあるやつ)が水分を十分に保てるような状態にすることが必要。そして、角質層で水分を保つために重要な働きをしているのが、細胞間脂質とNMFである。 角質層には、活動を停止した細胞が20層ほど並んでいて、その細胞の隙間と隙間に細胞間脂質やNMFが存在しているのだが、それがないと肌はざらざらしてしまう。 つまり、細胞間脂質やNMFの減少が小じわの要因の一つであるといえる。

ここまで理解できて入れば小じわについての問題も解けたと思うのだが、自分は理解が浅かったのでフィーリングで答えを選んでしまいました。

⑤丸顔のハイライトの入れ方・チークの入れ方についての問題が出た

化粧の問題は、本当に苦手です(笑)

だって自分、化粧しないので、、、、(笑)

ただ、だからといって勉強しないわけにはいきません。次回以降、丸顔はもちろんですが他の顔のパターンもしっかりと理解して試験に臨みたいと思います。

⑥皮膚感覚の問題が出た

そもそも皮膚感覚って何なんでしょうね?日本化粧品検定2級の問題集にはこの問題がありませんでしたが試験には出てしまいました、、、、

皮膚感覚とは、体表面に接触する各種の物理的刺激に対する感覚。触覚,圧覚,温覚,冷覚,痛覚があり、それぞれの感覚点の密度によって感じやすいか感じにくいかが変わってきます。

自分は、「痛覚が皮膚感覚の中で一番敏感」ということは覚えていましたが、試験では「一番鈍い皮膚感覚は4つのうちどれ?」という問題が出てしまったので見事爆死しました(笑)

(ちなみに一番鈍い感覚は温覚です)

⑦皮膚呼吸と肺呼吸の問題が出た

人間は、肺だけではなく皮膚でも呼吸をしています。では、皮膚呼吸でどれくらい酸素を取り入れているのでしょうか。

答えは、皮膚呼吸の量のわずか0.6%!皮膚呼吸ができないから死ぬということはまずありませんのでご安心を(笑)

⑧たるみ毛穴・開き毛穴に関する問題が出た

たるみ毛穴の原因は何でしょう?開き毛穴の原因は何でしょう?

たるみ毛穴は、加齢により真皮のコラーゲンやエラスチンが減り肌の弾力が減少したことに、肌がたるむことにより生じる毛穴です。

開き毛穴は、皮脂が多い人に発生しやすい毛穴。皮脂が残っていると症状が悪化しやすくなるのでこまめに脂取り紙などで皮脂を取ってあげる必要があります。

二つの毛穴の違いとその原因をしっかり押さえておきましょう!

⑨日焼けの原理に関する問題が出た

日焼けと聞くと、メラニンやメラノサイトを思い浮かべる人が多いと思います。

でも、チロシンとチロシナーゼと聞くと「?」となってしまう方も多いのではないでしょうか?

実はこの2つは、日焼けに関わってくるもので日本化粧品検定2級の試験に出題されました!

UVAが肌の奥、表皮の下層にある「メラノサイト」に届くと、メラノサイトが働き始めてチロシナーゼ活性酵素を生成します。それがチロシンと結合してメラニン色素を作り出します。

 

・・・・

 

紛らわしいよ~(´;ω;`)ウッ…

 

【夏休み特集】日焼けを徹底解剖①~日焼けのメカニズムと肌の色 より

⑩美白成分に関する問題が出た

厚生労働省が認めている医薬部外品は以下のものです。

    ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸、4MSK、マグノリグナン、プラセンタエキス、などなど。

 

美白成分はどれ!?みたいな問題が出たので、上記11の医薬部外品は覚えておいた方がいいかもしれません。

まとめ

男子大学生が日本化粧品検定2級を受けてみて感じたこと・勉強不足だった箇所をまとめてみました。 自分は11月の試験も受ける予定です!

 

2級は今回の試験では確実に合格した自信はないのでもう一度受験します!(笑)

 

ついでに日本化粧品検定1級も受験します!(笑)

日本化粧品検定の受験を考えている人たちの少しでも参考になれば幸いです。自分も、次こそは必ずリベンジして見せます!ではでは、さようなら~!


コメント

タイトルとURLをコピーしました